So-net無料ブログ作成
検索選択
看取りの医者 紹介 感想 ブログトップ

看取りの医者 紹介 感想 [看取りの医者 紹介 感想]

「 看取りの医者 」の紹介と感想です。

【送料無料】看取りの医者

【送料無料】看取りの医者
価格:1,470円(税込、送料別)



紹介
看取りの医者 終末期医療の訪問医が見届けた自宅で死ぬということ
著者:平野国美
価格:1,470円
出版社:小学館

感想
著者は02年に、訪問診療専門のクリニックを茨城県つくば市に開業。
院長として、9年間で630人以上もの在宅死に立ち会ってきたそうです。

ドラマ化されて、12月12日の月曜ゴールデン「看取りの医者 バイク母さんの往診日誌」で放送されるそうです。
ドラマは大竹しのぶさんが主演ですが、著者の平野国美さんは「くによし」さんですから、男性です。

終末医療について大変考えさせられる話です。
延命するのかどうかというのは、すごく難しいことですよね。

私は自分だったら延命したくないです。
最初は「少しでも長く生きてほしい」と思うからいいだろうけれど、だんだん経済的にも精神的にも辛くなっていくでしょう。
そうすると、「生きていてほしい」と思っていたのにいつの間にか「いなくなったら楽だ」と思う日が来るかもしれない。
それは当然起こりうることなのだけれど、そう「思ってしまうこと」がすごく辛いことだと思います。
特にもともと「生きていてほしい」という思いが強かったからこそ、罪悪感が強くなってしまうのではないでしょうか。

そんな思いはさせたくないし、嫌だと思われるくらいなら潔く終わりたい。
そう思います。

文庫版も出ています。

【送料無料】看取りの医者

【送料無料】看取りの医者
価格:580円(税込、送料別)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:
看取りの医者 紹介 感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。